AGAとハゲの違いとは

誰もがハゲに見舞われると精神的にも大変苦痛を感じるものです。症状がひどくなると外見も随分と印象が変わってしまい、鏡の中の自分の姿を覗き込むだけで更なるストレスが伸し掛かってしまうことでしょう。そもそもこのハゲを生み出す原因には、頭皮の血行不良、毛穴の不衛生化、睡眠不足、食生活の偏り、ストレス、過労など様々なものありますが、これらとはまた別の病気によって引き起こされる薄毛症状も存在します。それが男性型脱毛症、すなわちAGAです。

このAGAとは、まずテストステロンという男性ホルモンと頭皮付近に存在する5αリダクターゼという酵素が反応し合い、DHTという物質を作り出します。このDHTが頭髪の根本にある毛乳頭で感知されると成長サイクルが乱れ、健康的な頭髪であってもそれが栄養分の補給をストップしてすぐに抜け落ちていく準備を始めます。こうやって相次ぐ抜け毛によって広がっていく脱毛症状のことをAGAと呼ぶのです。

普通のハゲであれば、その原因である生活習慣を見直し、改善していくことによってある程度の発毛、育毛効果が得られます。スカルプシャンプーで毛穴の汚れを取り除いたり、あるいは育毛剤で頭皮の血行を改善することも効果的です。しかしAGAによって生じる脱毛症は病気に分類されますのでクリニックなどで専門治療を受けることが必要です。クリニックで5αリダクターゼの2型の働きを抑制する飲み薬を処方してもらったり、あるいは頭皮の毛細血管を拡張してより多くの栄養分を補給できるように促す塗り薬などを使うことも効果的です。こうしたAGA専門治療薬によって治療を続けることで早い人ならば数ヶ月で、遅い人でも半年から一年が経つ頃には確かな発毛を実感出来ていることでしょう。

AGAにならない為の対策方法

AGA治療は近年になって盛んに行われるようになってきた治療です。男性型脱毛症と呼ばれるある種遺伝的な要素のある身体の問題の一つです。この男性型脱毛症という症状が出る人は男性に多く、若い頃から激しい脱毛症状が発生するため、放置することで抜け毛がどんどんと増えてしまい、明らかに分かるほどの薄毛の症状になります。髪の毛の発毛も行われるのですが、育つ端から抜けて行ってしまうのが特徴であり、やがては毛根から失われてしまうことになります。これは体質の様なものであり、その傾向がある場合には長年対症療法しか行えないのが実情でした。しかし最近になって原因に作用する薬も持ち帰って
その様な状況が変わり始めてきたのはAGA治療と呼ばれる医療技術が確立されたことから始まります。このAGA治療は従来の対症療法とは異なり、飲み薬で内側から効いて行く仕組みが採用されています。ある種の男性ホルモンの働きの影響によってこのAGAの症状が発生することが分かってきましたので、その原因をピンポイントに改善することもまた可能になってきているのです。
AGAの問題は効果が分かるまでそれなりの日数を時間を必要としますが、前述したように基本的には親から受け継いだ遺伝的要因が色濃く反映しているものであると言えます。そのためAGAに対する明確な予防法は一般的には存在していません。唯一出来ることはAGAの作用で生じてしまった様々なトラブルに対して対症療法的に取り組むことくらいになります。男性型脱毛症の完全な予防方法は存在していませんので、月に数回程度チェックをする習慣を身につけ、それを繰り返していく仕組みを採用すれば良いと考えられます。

ハゲにならない為の対策方法

ハゲは思春期以降の男性なら誰しも危険性があるものです。それはなぜかというと思春期以降には男性ホルモンの分泌量が飛躍的に多くなります。その男性ホルモンは毛根に作用し、薄毛・抜け毛を誘発します。これが男性型脱毛症(AGA)です。詳細に説明すると、男性ホルモンのテストステロンは毛根組織内で5αリダクターゼという酵素により活性化され、ジヒドロテストステロンとなります。このジヒドロテストステロンは毛の成長を阻害するので、徐々に細い毛が生えるようになり、いずれ生えなくなってしまいます。AGAにならないためには、まずは早めの対策が必要です。どの育毛剤でもハゲがある程度進行してしまうと元通りにすることができなくなってしまいます。ですから10~20代でも髪の毛が細くなってきていたり、毛のコシがなくなってきていたら早めに対処しましょう。また、母方の親戚男性に毛が薄い方がいらっしゃる方は要注意です。AGAは母方の遺伝子から遺伝することが分かっています。遺伝子によってアンドロゲンレセプターというジヒドロテストステロンと結合し影響を及ぼす受容体のジヒドロテストステロンに対する感受性が左右されるためです。このAGAに対する特異的な治療薬としてプロペシアというものが使われています。つまり遺伝によるハゲも予防すればならなくて済む可能性があるのです。またプロペシアには2015年春にジェネリック医薬品のフィナステリドが発売されておりより安価に薬が手に入るようになっていてAGA治療を始めやすくなっています。ぜひ早めに皮膚科に相談してみて下さい。
また日頃から自分でできるシャンプーもハゲ予防には重要です。シャンプーは優しく時間をかけて行い、皮脂汚れをしっかり取りましょう。また、シャンプーかすが毛穴に残るとこれも抜け毛の原因となるのでシャンプーはしっかり洗い流しましょう。