栃木で行うAGA治療薬を飲む薬局を見つける

基本AGA治療は医薬品を飲む、もしくは塗布するのが治療方法になります。脱毛の原因となる男性ホルモンの産生を抑えることができるプロペシアを1日1回と、収縮した血管を拡張して毛根を活動期に目覚めさせる効果があるミノキシジルを頭皮に塗布するのが基本的なAGA治療方法です。どちらも違う病気で服用している際に、副作用として多毛症を生じることになり、AGA男性型脱毛症の治療薬として開発されました。基本はこの方法で治療をするのですが、別の治療方法もあります。それを確立させているのが、飲む薬局です。

飲む薬局というのは栃木にあるわけではなく、インターネット上にあります。飲む薬局を正しい名称は個人輸入代行業者と呼ばれ、栃木在住の方でも購入できる方法です。もちろん服用するタイプのプロペシアや頭皮を塗布するタイプのミノキシジルも販売しています。しかしこれ以外の医薬品も販売しており、ミノキシジルを服用することで発毛効果を促進させる医薬品や、プロペシアの成分が配合されている頭皮に塗布するタイプの医薬品も、この個人輸入代行業者で売られています。もちろんそれらの商品は栃木の方でも購入することが可能です。

しかしこれらの医薬品は気を付けなければならないことがあります。特にミノキシジル服用タイプの医薬品は、本来はAGA治療に用いる方法ではありません。血圧降下剤の医薬品をAGA治療として服用することになりますので、副作用が生じる可能性が高まります。よって飲む薬局である個人輸入代行業者を利用する場合は、すべて自己責任という気持ちを持って服用しなければなりません。最近では、その服用するタイプのミノキシジルを配合した独自のAGA治療薬を処方しているクリニックもありますので、心配であればまずはそのようなクリニックに足を運ぶことをおすすめします。